メニューを開く 検索 ログイン

分散避難先としての車中泊に「質」を付加

新潟大・榛沢和彦氏

2021年12月07日 14:30

1名の医師が参考になったと回答 

 自然災害が多いわが国では、今年(2021年)7~8月にも一部の地域が集中豪雨に見舞われ、土石流災害や河川の氾濫により死傷者が発生している。発災に伴い避難生活を余儀なくされる事態も発生した。エコノミークラス症候群予防・検診支援会は、12月4日に「第8回新潟県中越大震災シンポジウム」を開催。同会会長で新潟大学医歯学総合研究科特任教授の榛沢和彦氏は、発災時の車中泊が血栓症のリスクであることに変わりはないと指摘した上で、車中泊の質を改善できれば分散避難先になりうると述べた。(関連記事「震災後DVTは将来のイベントに影響」「コロナ下で"質の高い車中泊"!?」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  分散避難先としての車中泊に「質」を付加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541787 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外