メニューを開く 検索 ログイン

改訂・頭痛診療GL、CGRP関連製剤を強く推奨

予防、急性期治療とも最上位の評価

2021年12月07日 18:05

6名の医師が参考になったと回答 

 頭痛診療ガイドライン(GL)が8年ぶりに改訂され、2021年10月に発刊された。第49回日本頭痛学会(11月19~21日、ウェブ併催)のシンポジウム「頭痛診療ガイドライン2021ハイライト」では、片頭痛に関する改訂ポイントについて鳥取県済生会境港総合病院脳神経内科特任部長の粟木悦子氏が解説。片頭痛の予防治療の新たな選択肢として注目されている抗カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)抗体、抗CGRP受容体抗体に加え、国内で開発中のCGRP受容体拮抗薬(gepant)を含むCGRP関連薬剤が強く推奨(エビデンスの確実性A)されたと指摘。急性期治療においても選択的5-HT1F受容体作動薬(ditan)やgepantなど国内で開発段階にある新薬候補薬がトリプタン製剤と並び、薬効の5段階評価で最も高いGroup1に位置付けられたことも紹介した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  改訂・頭痛診療GL、CGRP関連製剤を強く推奨

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで