メニューを開く 検索 ログイン

回復者の血漿使用、推奨せず コロナ治療でWHO〔時事メディカル〕

2021年12月07日 10:35

2名の医師が参考になったと回答 

 【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は7日、新型コロナウイルスに感染した人の治療に、過去に感染して回復した人の血漿(けっしょう)を使用することについて、有用性を示す証拠はなく、推奨しないとの見解を発表した。

 WHOは、約1万6000人の患者のデータを分析した結果、血漿使用は「生存率を改善せず、人工呼吸器装着が必要になる確率を減らさない上、コストが高く手間もかかる」ことが判明したと説明。特に重症でない患者については「用いないよう強く推奨する」とした。

(2021年12月07日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  回復者の血漿使用、推奨せず コロナ治療でWHO〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541835 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外