メニューを開く 検索 ログイン

人工呼吸器コロナ例で高い真菌症の死亡率

高齢、デキサメタゾンと抗IL-6抗体の併用が危険因子に

2021年12月08日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 フランス・CHU de RennesのJean-Pierre Gangneux氏らが、同国の集中治療室(ICU)で機械的人工換気を行った重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者約500例を対象に、COVID-19関連肺アスペルギルス症(CAPA)と呼ばれる侵襲性肺アスペルギルス症(IPA)およびカンジダ血症を含む侵襲性真菌感染症(IFI)の有病率、危険因子、死亡率を検討し、結果をLancet Respir Med2021年11月26日オンライン版)に発表した。人工呼吸管理下の重症COVID-19患者はCAPAおよびカンジダ血症の有病率が15%および6%と高く、CAPAによる死亡率も61.8%と高かった。また、62歳超の高齢、ステロイド系抗炎症薬デキサメタゾンと抗インターロイキン(IL)-6抗体の併用療法、14日超の機械的人工換気がCAPAの危険因子であることが示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  人工呼吸器コロナ例で高い真菌症の死亡率

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541796 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外