メニューを開く 検索 ログイン

オミクロン株、再感染リスクに懸念

南アフリカ・サーベイランス解析

2021年12月08日 15:59

7名の医師が参考になったと回答 

 世界的な感染拡大が懸念されている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新たな変異株オミクロン株は、既知のベータ株やデルタ株とは対照的に、過去のSARS-CoV-2感染により獲得した免疫を逃避して再感染するリスクが高いことが、南アフリカのサーベイランスデータの解析から示唆された。ゲノム解析は行われていないが、オミクロン株の出現時期に一致して再感染者の増加が加速しているという。同国・Stellenbosch UniversityのJuliet R.C. Pulliam氏が、査読前論文公開サイトmedRxiv2021年12月2日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  オミクロン株、再感染リスクに懸念

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで