メニューを開く 検索 ログイン

デルタ以下は「ほぼ確実」 オミクロン株の重症度―米顧問〔時事メディカル〕

2021年12月08日 16:14

2名の医師が参考になったと回答 

【ワシントンAFP時事】米大統領首席医療顧問のファウチ国立アレルギー感染症研究所長は7日、世界各地で感染が拡大している新型コロナウイルスの「オミクロン株」の重症度について、「(現在主流の)デルタ株よりも重くないことはほぼ確実だ」と述べた。AFP通信の取材に応じた。

 ファウチ氏はオミクロン株に関し、デルタ株よりも強い感染力を持つ可能性が極めて大きいとしつつ、最初に確認された南アフリカでは「感染者数に対する入院患者数の割合がデルタ株よりも低いようだ」と述べた。

 ただ、オミクロン株の重症度を確認するまでには南アの場合で「少なくともあと数週間要すると思う」と予想。南ア以外の世界各地での重症度が判明するには「もっと時間がかかるかもしれない」と語った。

jiji1208_2.jpg

(2021年12月8日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  デルタ以下は「ほぼ確実」 オミクロン株の重症度―米顧問〔時事メディカル〕

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで