メニューを開く 検索 ログイン

厳冬期の車中泊に注意喚起

VTE/PTE、低体温症、CO中毒のリスク

2021年12月09日 14:20

 暴風雪によって立ち往生した車内に閉じ込められ、低体温症などで死亡する事例が報告されている。厳冬期に自動車内に閉じ込められた際のリスクと対応策の実証実験を行っている日本赤十字北海道看護大学看護薬理学領域教授/災害対策教育センターセンター長の根本昌宏氏は、厳冬期の車中泊には静脈血栓塞栓症(VTE)/肺塞栓症(PTE)に加え、低体温症や一酸化炭素(CO)中毒のリスクもあると、第8回新潟県中越大震災シンポジウム(12月4日、ウェブ開催)で指摘。注意を呼びかけた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  厳冬期の車中泊に注意喚起

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541870 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外