メニューを開く 検索 ログイン

多発性骨髄腫2剤目のCAR-T療法を申請

2021年12月09日 15:57

2名の医師が参考になったと回答 

 ヤンセンファーマは12月7日、同社が開発したキメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T細胞)製品ciltacabtagene autoleucel (cilta-cel)について、厚生労働省に承認申請を行ったと発表した。3ライン以上の前治療歴を有し、かつプロテアソーム阻害薬、免疫調節薬、抗CD38抗体の3種類の治療薬いずれにも抵抗性を示した再発または難治性の多発性骨髄腫(MM)への適応取得を目的としている。MMに対して、初のCAR-T療法として承認が期待されるブリストル・マイヤーズ スクイブのidecabtagene vicleucel(ide-cel、現在申請中)に続く2製品目となる見通しだ。国内のCAR-T療法では5製品目となる見通しだ見込み。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  多発性骨髄腫2剤目のCAR-T療法を申請

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541884 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外