メニューを開く 検索 ログイン

世界初&日本発、肺がん新ドライバー遺伝子を発見

CLIP1-LTK融合遺伝子:LC-SCRUM-Asiaの成果

2021年12月09日 11:49

6名の医師が参考になったと回答 

 ドライバー遺伝子の同定は、がん治療の発展において極めて重要である。特に肺がんでは、これまでに複数のドライバー遺伝子が発見されており、分子標的薬による個別化医療が劇的に進歩した。そうした中、肺がんを対象にした遺伝子スクリーニングプロジェクトLC-SCRUM-Asiaにおいて、新たなドライバー遺伝子であるCLIP1-LTK融合遺伝子が発見された。第62回日本肺癌学会(11月26~28日、ウェブ併催)ではこの画期的発見について特別報告のセッションが設けられ、国立がん研究センター東病院呼吸器内科医長の松本慎吾氏が発表した。同研究の成果は、Nature(2021年11月24日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  世界初&日本発、肺がん新ドライバー遺伝子を発見

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで