メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

子宮頸がん、治療後の性生活の実態明らかに

性機能だけでなく夫婦関係に配慮したケアを

2021年12月10日 14:50

15名の医師が参考になったと回答 

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種の積極的勧奨が再開の見込みとなった。しかし、2013年以来の約8年に及ぶ勧奨中止により、わが国のHPVワクチン接種率は諸外国と比べて極端に低く、若い世代で子宮頸がん患者が増加している。子宮頸がんでは治療により性機能低下を来しうるが、わが国では性に関する問題を他人に相談しづらい風潮がある。岡山大学大学院保健学研究科教授で同大学病院リプロダクションセンターセンター長の中塚幹也氏は、無記名の質問票を用いて子宮頸がん患者が抱える性の悩みについて調査。その結果を第31回日本性機能学会(11月15日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  子宮頸がん、治療後の性生活の実態明らかに

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD541844 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外