メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  クロザピン処方率が高い施設の特徴とは?

クロザピン処方率が高い施設の特徴とは?

治療抵抗性統合失調症の検討率が影響

2021年12月10日 15:55

2名の医師が参考になったと回答 

 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神疾患病態研究部部長の橋本亮太氏と獨協医科大学精神神経医学講座准教授の古郡規雄氏は12月1日、ウェブで記者会見を開き、「治療抵抗性統合失調症の有無に関する検討率の高い施設では、クロザピンの処方率が有意に高い」と発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  クロザピン処方率が高い施設の特徴とは?