メニューを開く 検索 ログイン

クロザピン処方率が高い施設の特徴とは?

治療抵抗性統合失調症の検討率が影響

2021年12月10日 15:55

2名の医師が参考になったと回答 

 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神疾患病態研究部部長の橋本亮太氏と獨協医科大学精神神経医学講座准教授の古郡規雄氏は12月1日、ウェブで記者会見を開き、「治療抵抗性統合失調症の有無に関する検討率の高い施設では、クロザピンの処方率が有意に高い」と発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  クロザピン処方率が高い施設の特徴とは?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで