メニューを開く 検索 ログイン

尋常性乾癬患者に新薬tapinarofが有効

約500例を対象とした第Ⅲ相RCT

2021年12月14日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (© Adobe Stock ※画像はイメージです)

 米・Icahn School of Medicine at Mount SinaiのMark G. Lebwohl氏らは、軽度〜重度の尋常性乾癬患者約500例を対象に、アリル炭化水素受容体(AhR)を標的としたtapinarofの有効性および安全性を評価する2つの第Ⅲ相多施設共同二重盲検ランダム化比較試験(RCT)PSOARING 1、2を実施した。その結果、尋常性乾癬患者においてtapinarofはvehicleに比べて有意に尋常性乾癬の改善効果を示したが、局所的な有害事象も発生したとN Engl J Med2021; 385: 2219-2229)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  尋常性乾癬患者に新薬tapinarofが有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542001 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外