メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  コロナワクチンが肺がん治療に及ぼした影響

Oncology Tribune

コロナワクチンが肺がん治療に及ぼした影響

日本肺癌学会所属の専門医40人へアンケート

2021年12月14日 13:40

4名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンが、がん治療にどのような影響を及ぼすかについては不明点が多い。聖マリアンナ医科大呼吸器内科講師の古屋直樹氏は、ワクチン接種が肺がん治療に及ぼした影響について肺がん専門医にアンケートを実施。その結果を第62回日本肺癌学会(11月26〜28日、ウェブ併催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  コロナワクチンが肺がん治療に及ぼした影響