メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病学会、Free Styleリブレの略称を変更

「iCGM」から「isCGM」へ

2021年12月14日 18:32

35名の医師が参考になったと回答 

 日本糖尿病学会の「糖尿病学用語集」編集委員会は本日(12月14日)、Free Styleリブレ(商品名)を用いた自己血糖管理法、間歇スキャン式持続グルコース測定(intermittently scanned continuous glucose monitoring)の略称を「iCGM」から「isCGM」に変更すると発表した。また、同測定法の別名称であるintermittently viewed continuous glucose monitoringの略称として用いるiCGMについては、他の用語との混同を避けるため廃止することを明らかにした(関連記事「CGM、FGMの特性を生かした自己血糖管理を」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病学会、Free Styleリブレの略称を変更

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで