メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  皮膚・排泄ケア認定看護師の遠隔支援、算定拡大へ

皮膚・排泄ケア認定看護師の遠隔支援、算定拡大へ

日本創傷・オストミー・失禁管理学会の取り組み

2021年12月15日 17:08

2名の医師が参考になったと回答 

 在宅医療における創傷治療は、訪問看護師だけでなく皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)による支援を必要とする場合がある。昨今では情報通信技術(ICT)を用いた遠隔での支援も可能となったが、現状の診療報酬制度では無償だ。石川県立看護大学看護学部教授の紺家千津子氏は、WOCNによる遠隔支援の現状と今後の展望について、日本創傷・オストミー・失禁管理学会(JWOCM)の取り組みを中心に第51回日本創傷治癒学会(11月26、27日、ウェブ開催)で報告した。(関連記事:「ICTを活用した褥瘡ケアで症状が有意に改善」

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  皮膚・排泄ケア認定看護師の遠隔支援、算定拡大へ