メニューを開く 検索 ログイン

皮膚・排泄ケア認定看護師の遠隔支援、算定拡大へ

日本創傷・オストミー・失禁管理学会の取り組み

2021年12月15日 17:08

2名の医師が参考になったと回答 

 在宅医療における創傷治療は、訪問看護師だけでなく皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)による支援を必要とする場合がある。昨今では情報通信技術(ICT)を用いた遠隔での支援も可能となったが、現状の診療報酬制度では無償だ。石川県立看護大学看護学部教授の紺家千津子氏は、WOCNによる遠隔支援の現状と今後の展望について、日本創傷・オストミー・失禁管理学会(JWOCM)の取り組みを中心に第51回日本創傷治癒学会(11月26、27日、ウェブ開催)で報告した。(関連記事:「ICTを活用した褥瘡ケアで症状が有意に改善」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  皮膚・排泄ケア認定看護師の遠隔支援、算定拡大へ

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542064 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外