メニューを開く 検索 ログイン

妊婦のデュロキセチン、胎児への影響は?

デンマーク&スウェーデン、両国コホート研究

2021年12月17日 18:05

3名の医師が参考になったと回答 

33811_pho01.jpg 生殖可能年齢および妊娠期の女性がうつ病治療で抗うつ薬を服用するケースは多い。しかし、2004年に欧米で承認された選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)デュロキセチンによる胎児への安全性ははっきりしない。そこでデンマーク・Copenhagen University Hospital Bispebjerg and FrederiksbergのMikkel Zöllner Ankarfeldt氏らは、デンマークおよびスウェーデンの両国コホート研究において、妊婦のデュロキセチン曝露と催奇形性および死産リスクとの関連について検討。結果をPLoS Med2021; 18: e1003851)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  妊婦のデュロキセチン、胎児への影響は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542136 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外