メニューを開く 検索 ログイン

アメフト選手のALS有病率は一般人口の4倍

2021年12月17日 05:05

12名の医師が参考になったと回答 

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は不可逆的な神経変性疾患であり、ALSに関連する危険因子として、コンタクトスポーツなどに伴う反復性頭部衝撃(RHI)や外傷性脳損傷(TBI)などが指摘されている。米・Boston University's Chronic Traumatic Encephalopathy(CTE) CenterのDaniel H. Daneshvar氏らが米国プロアメリカンフットボールリーグ(National Football League;NFL)の選手を対象に調査したところ、ALSの有病率および死亡率は同国一般男性の約4倍であり、ALSを発症した選手は非ALS選手よりもNFLでの現役期間が長く、NFLでのプレー期間とALS発症の関連性が示唆されたことをJAMA Net Open(2021年12月15日オンライン版)にて報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  アメフト選手のALS有病率は一般人口の4倍

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで