メニューを開く 検索 ログイン

急性中毒への胃洗浄、"1時間神話"撤廃を

『急性中毒標準診療ガイド』を改訂

2021年12月17日 18:00

52名の医師が参考になったと回答 

 現在、編集作業が進行中の日本中毒学会編『新・急性中毒標準治療ガイド(仮称)』(以下、新ガイド)における改訂ポイントの1つが消化管除染である。急性中毒に対する胃洗浄は有効性のエビデンスに乏しく、欧米を中心に推奨しないという見解が主流になっているものの、依然として国内外で薬毒物摂取後1時間以内の患者に胃洗浄が施行される事例が散見される。高知大学災害・救急医療学准教授の宮内雅人氏は第49回日本救急医学会(11月21〜23日、ウェブ併催)で、「2008年刊行の『急性中毒標準診療ガイド』に『(薬毒物摂取から)1時間以内に実施することが望ましい』との記載があることで、1時間以内という基準が独り歩きしている」と指摘。新ガイドでは胃洗浄をはじめ、活性炭投与などの治療における時間的な施行基準を撤廃し、根強く残る"1時間神話"の是正を図る意向を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  その他診療領域 »  急性中毒への胃洗浄、"1時間神話"撤廃を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542222 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外