メニューを開く 検索 ログイン

異常瘢痕、張力リセットで目立たない傷跡へ

2021年12月20日 18:10

9名の医師が参考になったと回答 

 体幹部や体幹部近傍、関節部といった力学的刺激が強くかかる部位の創傷から好発するケロイドや肥厚性瘢痕などの異常瘢痕は、瘙痒や疼痛、機能障害などを伴い、QOLの低下を招く。日本医科大学病院形成外科・再建外科・美容外科講師の土肥輝之氏は、こうした異常瘢痕に対する手術療法や後療法について、力学的刺激の悪循環をリセットし、術後の傷跡における皮膚へ張力をかけない手術での工夫が、傷跡を目立たせず再発抑制につながると第51回日本創傷治癒学会(11月26~27日、ウェブ開催)で解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  異常瘢痕、張力リセットで目立たない傷跡へ

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542066 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外