メニューを開く 検索 ログイン

再生医療による尿失禁治療が始動へ

2021年12月20日 16:40

2名の医師が参考になったと回答 

 尿失禁の治療に再生医療の新たな選択肢―。サイトリ・セラピューティクス社は12月17日、同社が開発した「セルーション セルセラピーキットSUI」が厚生労働省から、男性腹圧性尿失禁のための医療機器として承認されたと発表した。同キットを用いた、脂肪組織由来再生幹細胞(ADRC)による尿失禁治療が始動する(関連記事「皮下脂肪が尿失禁を改善する未来」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  再生医療による尿失禁治療が始動へ

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542275 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外