メニューを開く 検索 ログイン

腎障害併存例にレムデシビルをどう用いるか?

2021年12月21日 14:48

7名の医師が参考になったと回答 

 レムデシビルは2020年5月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬として特例承認されたが、さまざまな併存疾患を有する患者における薬物動態についての情報は不足している。京都大学病院の研究チームは、レムデシビルを投与したCOVID-19例におけるレムデシビル活性代謝物の血中濃度を測定し収集したデータから同薬の薬物動態解析モデルを構築し、腎機能に応じた投与量設計を可能にしたことを、CPT Pharmacometrics SystPharmacol (2021年11月18日オンライン版)に報告した。研究内容とともに、責任研究者で京都大学大学院薬学研究科臨床薬学教育分野准教授/同大学病院薬剤部副部長の米澤淳氏、同大学大学院呼吸器内科准教授の伊藤功朗氏から寄せられたコメントを紹介する。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  腎障害併存例にレムデシビルをどう用いるか?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542148 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外