メニューを開く 検索 ログイン

接種勧奨再開のHPVワクチン、次の課題は?

世界の接種の潮流は4価と9価

2021年12月21日 05:05

11名の医師が参考になったと回答 

 日本国内では、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの定期接種対象は2価および4価ワクチンである。予防接種推進専門協議会委員長で国立がん研究センター中央病院感染症部長の岩田敏氏は第59回日本癌治療学会(10月21~23日、ウェブ併催)で、海外ではより効果の高い9価ワクチンが普及しており、男性への接種を推進する国が増えていると指摘。国内でも9価ワクチンの定期接種化に加え、男性への接種や接種回数低減の必要性を訴えた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  接種勧奨再開のHPVワクチン、次の課題は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542150 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外