メニューを開く 検索 ログイン

透析患者のコロナ感染対策、在宅の考慮を

バクスターがプレスセミナー開催

2021年12月21日 05:00

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した透析患者は予後が悪く、特に密閉された施設への頻繁な通院が必要な血液透析(HD)例では感染リスクが高まると考えられている。バクスターは11月30日、COVID-19流行下における透析診療をテーマとしたプレスセミナーを開催。演者の東京都済生会中央病院副院長/腎臓内科部長の竜崎崇和氏は「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染リスクはHD例に比べ腹膜透析(PD)例で低く、治療法の選択時にはこうした情報の提供も必要」と述べた。(関連記事:「透析施設のコロナ感染対策、伝播抑える工夫」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  透析患者のコロナ感染対策、在宅の考慮を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542168 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外