メニューを開く 検索 ログイン

難治性ED、経皮的血管形成術で機能回復

2021年12月21日 17:59

5名の医師が参考になったと回答 

 動脈性勃起不全(ED)治療における第一選択はホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬だが、効果が不十分な場合は外科的血行再建術などの侵襲性の高い治療が行われる。一方、海外では、より低侵襲な治療法である経皮的血管形成術(ED-PTA)の有用性が報告されてきている。高松赤十字病院(香川県)においても積極的にED-PTAに取り組んでおり、同院第一放射線科部長で総合血管治療センター副センター長の外山芳弘氏は、ED-PTAの初期経験から得られた知見について、第31回日本性機能学会(11月14日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  難治性ED、経皮的血管形成術で機能回復

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542227 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外