メニューを開く 検索 ログイン

在沖米軍、感染200人に 「オミクロン株念頭に対応」―木原官房副長官〔時事メディカル〕

2021年12月21日 18:05

 木原誠二官房副長官は21日の記者会見で、沖縄県の米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が、同日朝の時点で約200人に達したことを明らかにした。米側の対応については「オミクロン株である可能性も十分に踏まえ、積極的な検査の実施、濃厚接触者の追跡、感染者の恐れがある関係者の隔離など、感染拡大防止のための措置を厳格化している」と説明した。

jiji1221_1.jpg

(2021年12月21日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  在沖米軍、感染200人に 「オミクロン株念頭に対応」―木原官房副長官〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542316 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外