メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  アレルギー性疾患でコロナ発症リスク低下

アレルギー性疾患でコロナ発症リスク低下

英・1万5,000例対象の住民コホート研究

2021年12月22日 15:16

23名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危険因子に関しては、重症化および死亡のリスクを高める因子についての研究がほとんどで、軽症例を含む全般的な発症関連因子についての報告は限られていた。こうした中、英・Queen Mary University of LondonのHayley Holt氏らは、英国の住民ベースの前向きコホート研究COVIDENCE UKを実施。COVID-19発症の危険因子としてアジア系、高BMIなどを、保護因子としてアレルギー性疾患を同定。特にアレルギー性喘息がある者ではリスクの低下度が大きかったことをThorax11月30日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  アレルギー性疾患でコロナ発症リスク低下