メニューを開く 検索 ログイン

がん骨転移で重症感染による死亡リスク倍増

デンマーク・全国コホート研究

2021年12月22日 16:25

3名の医師が参考になったと回答 

 デンマークの人口に基づくコホート研究で、がんの骨転移(BM)を来した患者は肺炎や敗血症などの重症感染症のリスクが高く、これらを発症すると、死亡リスクが発症前の2倍以上に上昇する可能性が示された。同国・Aarhus University HospitalのThomas J. Hjelholt氏らが、1994~2013年にBMと診断された成人の固形がん患者2万3,336例を最大10年間追跡した調査の結果をBMJ Open2021; 11: e049831)に発表した。感染リスクは、BM診断後1カ月間はそれ以降よりも高いことが示された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  がん骨転移で重症感染による死亡リスク倍増

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで