メニューを開く 検索 ログイン

ICS+LABAで早産児の肺機能改善

2021年12月22日 15:03

1名の医師が参考になったと回答 

 早産は呼吸器症状の増加と肺機能障害に関連し、特に気管支肺異形成(BPD)を来した児で顕著だが、小児期以降に推奨される治療は明らかでない。英・ Bangor UniversityのNia Goulden氏らは、12週間の吸入ステロイド薬(ICS)単独投与またはICSと吸入長時間作用性β2刺激薬(LABA)併用投与がプラセボと比べて呼吸機能や運動能を改善するかを検討する二重盲検ランダム化比較試験を実施。 ICS+LABA併用は早産に関連する小児の肺機能の改善に有用であるとJAMA Pediatr2021年12月13日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  ICS+LABAで早産児の肺機能改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542167 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外