メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  ICS+LABAで早産児の肺機能改善

ICS+LABAで早産児の肺機能改善

2021年12月22日 15:03

2名の医師が参考になったと回答 

 早産は呼吸器症状の増加と肺機能障害に関連し、特に気管支肺異形成(BPD)を来した児で顕著だが、小児期以降に推奨される治療は明らかでない。英・ Bangor UniversityのNia Goulden氏らは、12週間の吸入ステロイド薬(ICS)単独投与またはICSと吸入長時間作用性β2刺激薬(LABA)併用投与がプラセボと比べて呼吸機能や運動能を改善するかを検討する二重盲検ランダム化比較試験を実施。 ICS+LABA併用は早産に関連する小児の肺機能の改善に有用であるとJAMA Pediatr2021年12月13日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  薬剤情報 »  ICS+LABAで早産児の肺機能改善