メニューを開く 検索 ログイン

脳卒中急性期の体重減少、原因は悪液質!?

2021年12月22日 05:10

1名の医師が参考になったと回答 

 畿央大学大学院健康科学研究科の山本美穂氏、教授の庄本康治氏らは、急性脳卒中患者の体重変化と悪液質診断基準の関連を検討。体重減少群では、悪液質診断基準を満たす割合が有意に高いことを報告した。結果はNutirition(2021年12月3日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  脳卒中急性期の体重減少、原因は悪液質!?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542170 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外