メニューを開く 検索 ログイン

バイアグラが認知症リスクを70%低減

2021年12月22日 05:05

107名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 認知症に対する薬剤開発が期待される中、ドラッグリポジショニングにも目を向ける必要があるようだ。米・Cleveland ClinicのJiansong Fang氏らは、同国で承認された薬剤の中からアルツハイマー型認知症(AD)に有効な可能性があるものを選び出す手法を開発。勃起不全薬(商品名バイアグラ)および肺動脈性肺高血圧症治療薬(同レパチオ)として承認されているシルデナフィルを投与した患者では、AD発症リスクが約70%低減したとNature Aging2021年12月6日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  バイアグラが認知症リスクを70%低減

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで