メニューを開く 検索 ログイン

「閉経関連泌尿器生殖器症候群」の実態は?

2021年12月23日 05:00

34名の医師が参考になったと回答 

 閉経関連泌尿器生殖器症候群(genitourinary syndrome of menopause;GSM)は、更年期以降のエストロゲン分泌低下に伴う腟、外陰部、下部尿路の萎縮により生じるさまざまな症状を総括した症状症候群である。東京女子医科大学東医療センター骨盤底機能再建診療部泌尿器科教授の巴ひかる氏らは、外陰腟症状質問票(vulvovaginal symptoms questionnaire;VSQ)の日本語版を作成し、これを用いた初めてのGSM疫学調査を実施。その結果を第31回日本性機能学会(11月14日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  女性疾患・周産期 »  「閉経関連泌尿器生殖器症候群」の実態は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542318 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外