メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  その他診療領域 »  敗血症への抗菌薬、1時間以内投与の是非

敗血症への抗菌薬、1時間以内投与の是非

日本 vs. 国際ガイドライン

2021年12月23日 18:14

12名の医師が参考になったと回答 

『日本版敗血症診療ガイドライン2020』(J-SSCG2020、2021年2月公開)のクリニカルクエスチョン(CQ)4「抗菌薬治療」のワーキンググループ班長を務めた広島大学救急集中治療医学教授の志馬伸朗氏は、第49回日本救急医学会(11月21〜23日、ウェブ併催)で、J-SSCG2020と『国際敗血症診療ガイドライン2021』(SSCG2021)の内容を比べながら、敗血症治療における抗菌薬投与のタイミングおよび期間について解説。同氏は「敗血症の認知後、速やかに抗菌薬投与を開始すべきであるものの、画一的に1時間以内の投与を目標とすべきではない」との考えを述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  その他診療領域 »  敗血症への抗菌薬、1時間以内投与の是非