メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  統合DBでワクチンの有効性・安全性検証へ

統合DBでワクチンの有効性・安全性検証へ

予防接種台帳とレセプトデータを統合

2021年12月24日 05:00

1名の医師が参考になったと回答 

 2013年のワクチン接種後の副反応疑い事例がきっかけで、8年間にわたってヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種の積極的勧奨が中止されたことは記憶に新しい。勧奨再開まで8年という長期を要した原因の1つに、日本国内においてワクチンの安全性や有効性を検証できるデータベース(DB)が確立されていないことがある。九州大学大学院医学研究院総合コホートセンター/同大学院医療経営・管理学講座准教授の福田治久氏は、第25回日本ワクチン学会(12月3~5日、ウェブ併催)で、日本医療研究開発機構(AMED)と共同で取り組んでいる国内のワクチンの有効性・安全性に関する統合DBについて解説。2024年度までに日本版Vaccine Safety Datalink(VSD)を導入したいと展望した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  統合DBでワクチンの有効性・安全性検証へ