メニューを開く 検索 ログイン

統合DBでワクチンの有効性・安全性検証へ

予防接種台帳とレセプトデータを統合

2021年12月24日 05:00

 2013年のワクチン接種後の副反応疑い事例がきっかけで、8年間にわたってヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種の積極的勧奨が中止されたことは記憶に新しい。勧奨再開まで8年という長期を要した原因の1つに、日本国内においてワクチンの安全性や有効性を検証できるデータベース(DB)が確立されていないことがある。九州大学大学院医学研究院総合コホートセンター/同大学院医療経営・管理学講座准教授の福田治久氏は、第25回日本ワクチン学会(12月3~5日、ウェブ併催)で、日本医療研究開発機構(AMED)と共同で取り組んでいる国内のワクチンの有効性・安全性に関する統合DBについて解説。2024年度までに日本版Vaccine Safety Datalink(VSD)を導入したいと展望した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  統合DBでワクチンの有効性・安全性検証へ

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542314 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外