メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  オミクロン株、ワクチン予防効果低下の可能性

オミクロン株、ワクチン予防効果低下の可能性

2021年12月24日 16:20

18名の医師が参考になったと回答 

 世界中で感染が急速に広がっている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新たな変異株であるオミクロン株。国立感染症研究所は12月15日に最新情報をまとめ、「SARS-CoV-2の変異株B.1.1.529系統(オミクロン株)について(第4版)」として公開した(12月17日に修正)。オミクロン株の感染・伝播性について「限られた初期の情報だが、海外の疫学的評価から増加が示唆されている」と指摘。ワクチン2回接種による発症予防効果の低下の可能性が示唆されているとして、「感染拡大と患者増加のリスクを考慮した対策を講じる必要がある」と注意を促している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  オミクロン株、ワクチン予防効果低下の可能性