メニューを開く 検索 ログイン

全がんの10年相対生存率は60.2%

281施設・29万例のデータによる長期予後の集計

2021年12月24日 15:55

1名の医師が参考になったと回答 

 国立がん研究センターは、がん診療連携拠点病院などを含む院内がん登録実施施設から収集した院内がん登録情報を用い、がんの長期予後の集計を実施している。今回、2009年診断例の10年生存率、2013〜14年診断例の5年生存率の集計結果を発表。全がんの10年相対生存率が60.2%であることを明らかにした。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  全がんの10年相対生存率は60.2%

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542422 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外