メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

末梢小型肺がん、区域切除が標準治療となるか

第Ⅲ相試験JCOG0802/WJOG4607Lの結果受け

2021年12月26日 05:00

7名の医師が参考になったと回答 

 肺野末梢小型非小細胞肺がん(NSCLC)の標準術式は肺葉切除だが、近年は後ろ向き研究により区域切除の有用性が報告されている。大阪市立総合医療センター呼吸器外科副部長の中嶋隆氏は、肺野末梢小型NSCLCにおける肺葉切除に対する縮小切除(区域切除)の全生存(OS)の非劣性および低侵襲性を検証する第Ⅲ相ランダム化比較試験JCOG0802/WJOG4607Lの結果から、区域切除は新たな標準術式となる可能性があると第62回日本肺癌学会(11月26〜28日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  末梢小型肺がん、区域切除が標準治療となるか

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで