メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

わが国初の陰茎がん治療GLが刊行

2021年12月27日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

 陰茎がんは希少がんに分類されるが、日常診療で遭遇しうる。そのため、標準的な治療指針が求められており、今年(2021年)7月、初めての陰茎がんの治療指針である『陰茎癌診療ガイドライン2021年版』(以下、ガイドライン)が刊行された。ガイドライン作成委員会委員長で熊本大学大学院泌尿器科学教授の神波大己氏は、その概要を第109回日本泌尿器科学会(12月7〜10日)で解説した(関連記事「陰茎がん:診断、治療のポイントは?」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  わが国初の陰茎がん治療GLが刊行

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542333 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外