メニューを開く 検索 ログイン

阪大の論文、指針の「重大な不適合」を報告

厚生労働大臣、文部科学大臣に

2021年12月27日 13:57

1名の医師が参考になったと回答 

 昨年(2020年)、告発された大阪大学病院での論文不正疑惑について調査した同大学観察研究倫理審査委員会は、医学系倫理指針に規定された「重大な不適合」に該当することを確認した。この結果を受け同大学病院は、12月20日に厚生労働大臣および文部科学大臣に報告したことを、同月23日に公式サイトで発表した。(関連記事「相次ぐ医学界の不祥事に喝!」「今、医学研究に求められる倫理とは」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  阪大の論文、指針の「重大な不適合」を報告

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542752 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外