メニューを開く 検索 ログイン

嘉山氏ががん検診、臨床研修制度に苦言

意思決定における現代日本の課題

2021年12月28日 05:00

95名の医師が参考になったと回答 

 医療者は日々の診療をはじめ、さまざまな場面で論理的推論に基づいた意思決定を行う。代表的な論理的思考方法として帰納法と演繹法があり、医学研究においては主に複数の事象から共通点を抽出し、結論を引き出す帰納法が用いられる。一方、ある前提から論理的に結論を導き出す演繹法は、法律や制度の策定などに用いられることが多いが、前提がそもそも不適切であったり、結論の妥当性が検証されずに運用が続けられるケースが往々にしてある。山形大学名誉教授で東京脳神経センター所長の嘉山孝正氏は、第75回日本臨床眼科学会(10月28日~31日、ウェブ併催)で、がん検診事業や臨床研修制度などの事例を交えながら、演繹法に基づいた制度の意思決定における現代日本の課題について講演した。発表の一部を紹介する。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  嘉山氏ががん検診、臨床研修制度に苦言

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542421 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外