メニューを開く 検索 ログイン

無症状なら隔離5日に 新型コロナ感染で短縮―米CDC〔時事メディカル〕

2021年12月28日 11:23

5名の医師が参考になったと回答 

【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は27日、新型コロナウイルスに感染後、無症状の場合は、これまで10日間としていた推奨隔離期間を5日間に短縮する新たな指針を発表した。変異株「オミクロン株」が急速に広まり、感染者が急増する中で、深刻な人手不足が表面化するケースが出ており、職場復帰などを早める狙いがある。

 CDCは声明で「感染の大部分が発症前1~2日と発症後2~3日に起こるという科学的証明に基づく変更だ」と説明。隔離終了後も5日間は周囲の人への感染リスクを最小限にするため、マスクの着用を求める。

 また、感染者と濃厚接触した場合の隔離期間も見直され、ワクチンの接種から間もない人や、追加の「ブースター接種」を受けた人は、10日間のマスク着用が推奨される。ワクチン未接種者や、投与から一定期間が経過している人は、5日間の自宅待機とその後5日間のマスク着用が求められる。

jiji1228_01.jpg

(2021年12月28日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  無症状なら隔離5日に 新型コロナ感染で短縮―米CDC〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542851 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外