メニューを開く 検索 ログイン

肺がん新治療法につながる発見か

EGFR変異陽性肺がんの遺伝子発現異常を確認

2022年01月04日 05:10

6名の医師が参考になったと回答 

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異は日本人の非小細胞肺がん(NSCLC)症例の多くで確認され、治療薬としてEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)が広く使用されている。しかし、投与開始20カ月でがんが抵抗性を獲得し、その後の治療が困難となるケースが多く見られる。近畿大学内科学腫瘍内科部門講師の米阪仁雄氏らは、第一三共との共同研究でEGFR遺伝子変異陽性NSCLCの新たな治療法の開発につながるHER3遺伝子の発現異常を発見。抗HER3抗体薬物複合体(ADC)のパトリツマブ デルクステカンとEGFR-TKIのオシメルチニブ(商品名タグリッソ)の併用が、治療に有効である可能性があるとClin Cancer Res2021年12月17日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  肺がん新治療法につながる発見か

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542336 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外