メニューを開く 検索 ログイン

アセトアミノフェン静注の過量投与に警鐘

日本小児科学会が注意喚起

2022年01月04日 14:16

33名の医師が参考になったと回答 

 日本小児科学会薬事委員会は昨年(2021年)12月27日、解熱鎮痛目的で静注されるアセトアミノフェン(商品名アセリオ静注液1000mgバッグ)の過量投与例が小児でも複数報告されているとして、注意を喚起する声明を発表した。同製剤は小児にも適応を有するが、過量投与例では添付文書に記載されている用量を大幅に超過していたという。同委員会は「アセトアミノフェン中毒による重篤な肝不全が発症する恐れもあるため、同製剤の投与においては慎重な対応が求められる」と訴えている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  アセトアミノフェン静注の過量投与に警鐘

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542903 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外