メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  アセトアミノフェン静注の過量投与に警鐘

アセトアミノフェン静注の過量投与に警鐘

日本小児科学会が注意喚起

2022年01月04日 14:16

35名の医師が参考になったと回答 

 日本小児科学会薬事委員会は昨年(2021年)12月27日、解熱鎮痛目的で静注されるアセトアミノフェン(商品名アセリオ静注液1000mgバッグ)の過量投与例が小児でも複数報告されているとして、注意を喚起する声明を発表した。同製剤は小児にも適応を有するが、過量投与例では添付文書に記載されている用量を大幅に超過していたという。同委員会は「アセトアミノフェン中毒による重篤な肝不全が発症する恐れもあるため、同製剤の投与においては慎重な対応が求められる」と訴えている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  アセトアミノフェン静注の過量投与に警鐘