メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

国産手術支援ロボ、初期成績を報告

泌尿器科領域領域におけるhinotoriの安全性の検討

2022年01月05日 14:41

3名の医師が参考になったと回答 

 2020年8月にメディカロイド社の手術支援ロボット「hinotori」が承認され、同年9月には泌尿器科領域における同機を用いたロボット支援手術が保険適用となった。承認に際しては国産初ということもありさまざまな後押しがあった一方、施設を限定した市販後調査を通じて、安全性を担保しながら適応を拡大することが条件とされた。広島大学大学院腎泌尿器科学分野教授の日向信之氏は、同機を用いたロボット支援根治的前立腺全摘除術(RARP)の市販後調査の成績について、第109回日本泌尿器科学会(2021年12月7〜10日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  国産手術支援ロボ、初期成績を報告

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで