メニューを開く 検索 ログイン

コロナ関連の個人医療データ、運用法を検証

各種医療情報ネットワークを利活用

2022年01月06日 05:05

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のワクチンが開発されて以降、人々の社会経済活動の再開に向けた、ワクチン接種歴の証明やポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の陰性証明を安全かつ効率的に行う技術の確立が求められている。こうした状況の下、九州大学病院メディカル・インフォメーションセンターセンター長で教授の中島直樹氏は、医療情報ネットワークを用いて個人の医療データ(Personal Health Record;PHR)を適切に運用するための検証を進めているとして、その内容を第41回医療情報学連合大会(2021年11月18~21日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ関連の個人医療データ、運用法を検証

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで