メニューを開く 検索 ログイン

新規認知症薬の導入めぐり社会政策面に課題

2022年01月06日 05:00

10名の医師が参考になったと回答 

 社会的な影響の大きさから、承認の可否に注目が集まっていたアルツハイマー病(AD)治療薬の抗アミロイドβ(Aβ)抗体aducanumabだが、厚生労働省は12月22日の薬事食品衛生審議会医薬品第一部会で審議の結果、承認を見送った。審議に先立ち、第40回日本認知症学会(2021年11月26~28日、ウェブ併催)では、同薬に関するシンポジウム「ディベート・セッション1」が行われ、認知症治療に携わる医師や医療経済学者、認知症患者の家族などから、同薬の国内導入をめぐりさまざま意見が出された。東京都健康長寿医療センター研究所認知症未来社会創造センターセンター長の粟田主一氏は、社会政策の観点から同薬の臨床導入後に想定される課題を挙げた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  新規認知症薬の導入めぐり社会政策面に課題

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで