メニューを開く 検索 ログイン

医療者、通勤者でメンタルヘルスが悪化

COVID-19の日本人労働者への影響を調査

2022年01月06日 05:10

8名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下では、医療従事者、低学歴者、通勤者でメンタルヘルスが悪化していた。東京大学大学院精神保健学分野の佐々木那津氏らが、COVID-19が日本人労働者のメンタルヘルスに与えた影響とその関連要因に関して調査した結果を第80回日本公衆衛生学会(2021年12月21~23日)で報告。「産業保健、地域保健の両面から、メンタルヘルスが悪化した集団に対し有効な対策を検討する必要がある」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  医療者、通勤者でメンタルヘルスが悪化

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542908 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外