メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

局所前立腺がん、アビラテロン上乗せでMFS延長

第Ⅲ相ランダム化比較試験STAMPEDE

2022年01月06日 18:40

3名の医師が参考になったと回答 

 STAMPEDEはホルモン療法を未実施で高リスクの局所進行性前立腺がんおよび転移性前立腺がん患者を対象に、アンドロゲン除去療法(ADT)への併用療法を検証するマルチアームマルチステージのランダム化比較試験。英・University College LondonのGerhardt Attardらは同試験の新規解析結果をLancet2021年12月23日オンライン版)に報告。ADTへの第二世代抗アンドロゲン薬アビラテロン上乗せは、高リスクの局所進行性前立腺がんの標準療法となる可能性が示唆された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  局所前立腺がん、アビラテロン上乗せでMFS延長

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543016 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外