メニューを開く 検索 ログイン

コロナワクチン後の心筋炎、増加も頻度低い

デンマーク発、住民ベースのコホート研究

2022年01月06日 18:10

72名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの接種後には、心筋関連事象(心筋炎・心膜炎)のリスク上昇が示唆されている。英・Imperial College LondonのAnders Husby氏らは、デンマークの全国民データを用いた住民ベースのコホート研究でmRNAワクチン(ファイザー/ビオンテック製のBNT162b2およびモデルナ製のmRNA-1273)の接種と心筋炎・心膜炎の発症との関連について検討。mRNA-1273接種者では接種後28日間の心筋炎・心膜炎の発症率が有意に上昇していたが、絶対発症率は最も高い12~39歳の群でも10万人当たり5.7人と低く、ほとんどが軽症だったことをBMJ2021; 375: e068665)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナワクチン後の心筋炎、増加も頻度低い

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543020 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外