メニューを開く 検索 ログイン

シスメックス、脳内アミロイドβを測定する検査試薬を承認申請

2022年01月06日 16:37

 シスメックスは1月5日、化学発光酵素免疫測定法(CLEIA)を測定原理とした同社の全自動免疫測定装置HISCL-5000/HISCL-800を用いて血液中のアミロイドβ(Aβ)を測定し、脳内のAβの蓄積状態の把握を補助する検査試薬について、昨年(2021年)12月28日に製造販売承認申請を実施したと発表した。

 2021年6月に米食品医薬品局(FDA)がaducanumabを承認し、日本でも2020年12月に同薬の承認申請が行われるなど、アルツハイマー病の治療薬の開発が活発化している。治療薬の適正使用や普及のためには脳内Aβの蓄積状態を把握する必要があるが、従来の検査方法では、侵襲性やコスト面の課題があった。同社はより簡便にAβの蓄積状態を把握する技術の開発を進めてきたという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  短報 »  シスメックス、脳内アミロイドβを測定する検査試薬を承認申請

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543136 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外