メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ軽症例で半年後に中和抗体減弱

コロナ軽症例で半年後に中和抗体減弱

国内患者497例における感染1年後の検討

2022年01月07日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 横浜市立大学微生物学教授の梁明秀氏らは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染者を対象に、感染6カ月後、12カ月後の血清を解析。その結果、感染6カ月後には無症状・軽症例の15~31%で変異株に対する中和抗体が消失していた一方、重症例では感染12カ月後も維持されていたと、Open Forum Infect Dis2021年12月10日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ軽症例で半年後に中和抗体減弱